日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

奈良散歩

司馬遼太郎街道をゆく24 近江散歩 奈良散歩』を読了。これが2006年最後に読んでいた本でした。奈良に旅行に行くので持って行ったのですが、主に読んでいたのは帰りの新幹線の中。だめじゃん(笑)

奈良が大いなるまちであるのは、草木から建造物にいたるまで、それらが保たれているということである。世界じゅうの国々で、千年、五百年単位の古さの木造建築が、奈良ほど密集して保存されているところはない。奇蹟といえるのではないか。(p.210)

本当に、そうだなあと思う。

街道をゆく〈24〉近江・奈良散歩 (朝日文庫)

街道をゆく〈24〉近江・奈良散歩 (朝日文庫)

広告を非表示にする