日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

ηって何て読むの?

ふらりと本屋に立ち寄ったら出ていたので思わず買ってしまった、森博嗣ηなのに夢のよう*1を読了。Gシリーズは、前の前のS&Mシリーズと前のVシリーズとの関係がだんだんだんだん見えてきているシリーズだったのですが、今回からいよいよ森先生も見せてきた感じです。「そろそろ気づいてるよね?ヒントは出してるだろ?」みたいな。
ところで、このシリーズも大きな謎というかミステリがどかんと提示されていて、各作品での事件がだんだん瑣末なことに思えてきた。あの事件まで絡んでいるのか…、と。ずっと那古野が舞台で続いていくのだと思っていましたが、だんだんフィールドが広くなってきた感じがします。次が楽しみ。Gシリーズも10作で終了なのだろうか…。
最後にトーマが。愛に溢れたパートだったと思います。よかった。

ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)

ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)

*1:しかし、タイトルの「η」。「イータ」と読むのね。知らないよ(笑)

広告を非表示にする