日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

残り4人ですが、謎はちっとも解けてこない

辻村深月『冷たい校舎の時は止まる(中)』を読了。雪の降る校舎に閉じ込められたクラスメートが一人ずつ、消えていきます…。消えた後、白いマネキンになって、血とかが残ってたりするのですが、その様子を想像させられてしまってゾクゾクする(笑)白い校舎、雪の白、血の赤…。ひぃい。残り4人まで消えますが、消えていくときに、その一人一人の回想シーンが入るのです。みんなそれぞれに問題や心の闇を抱えているわけですよ。ああ、うちの子もこんなふうになったりとかしたらどうしよう…とか思うね。
クラスでのいじめとかが大きな要素としてストーリーに関わるのですが、ストーリーを追いながらも、うちの子がいじめとかにあったらどうしよう…と考えてしまうのです。からかわれる程度のだったらいいけどねー。学校以外にも世界を持っているってことが大事だよなー、となんだか違う方向に思考が飛んだり。
でもさ、高校の頃にもたくさんのクラスメートや友達がいたわけですけど、みんなそれぞれに悩みや問題を抱えていたわけですよ。当たり前だけどさ。当時は、そんなことあんまり思えなかったよなー、と思った。自分が精一杯でさ。そんな甘酸っぱい記憶を思い起こしつつ、読み進める。ストーリー的には、中巻まで読み終わっても、ちっとも閉じ込めている世界の創造主(ホスト、と呼ばれる)が、誰だかわからないのですが…。下巻だけで全部回収できるのか!?と心配。

冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)

冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)

広告を非表示にする