日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

登場人物のイメージがクルクル変わる小説

湊かなえ『告白』を読了。おもしろかった!誰も救われないまま終わったよ!おもしろかったけど…何ていうか…。人って何だろう、と。被害者の視点と加害者の視点、先生の視点、生徒の視点、保護者の視点、と次々と変わっていく。その都度、良い面→悪い面とクルクルと見え方が変わっていく登場人物たち。確かにこれはもう一度読み直したくなるかも。
映画化するそうです。松たか子木村佳乃で。怖そう…。ビジュアルで見るとより一層つらそうだな。個人的には、委員長は北乃きいのイメージで読んでました。「ライフ」でのいじめられっ子のイメージが強いから。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

広告を非表示にする