日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

辻村深月はこうでなくちゃ!

辻村深月『名前探しの放課後(上)』を読了。主人公が3ヶ月前にタイムスリップし、自殺した同級生を止めるために仲間を集め、いろいろなことをしていくストーリー。
本当に学校という場面設定に、タイムスリップという荒唐無稽な前提条件、こういうのが辻村深月はおもしろい。怒濤の展開で一気に読まされる。学校でのいじめのシーンとか、若者のものすごい残酷な様子とか、ドス黒い気持ちにもさせられるのだけど、そこを超えたところにちゃんとハッピーが来ることが多いので、がんばってそこを乗り越えて、下巻を楽しみにしよう。

名前探しの放課後(上)

名前探しの放課後(上)

広告を非表示にする