日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

「鬼神伝」を読んだよ

高田崇史『鬼神伝 龍の巻』を読了。高田さんの作品、3作品連続で舞台は鎌倉。しかし、今度はちょっと時代が下って北条時宗の頃。日蓮も出てくる。まあ、この辺まではいいですけどね、途中から阿修羅王は出てくるわ、帝釈天は出てくるわ…すごいことになってます。『宇宙皇子』を思い出すわ。小野篁も出てきます。閻魔様のお手伝いをしていた人ね。荒唐無稽、でも、こういうの大好き。鬼とか、海神(わだつみ)とか、そういう歴史の騙りがたくさん出てくる。こういうの好き。

鬼神伝 龍の巻 (講談社ノベルス)

鬼神伝 龍の巻 (講談社ノベルス)

広告を非表示にする