日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

後白河法皇について興味がある

棚橋光男『後白河法皇を読了。頼朝と義経の仲を引き裂く、日本国の大天狗、というイメージだよね。裏で糸を引いて、悪事を働いている感じ。「平清盛」では松田翔太が演じている後白河法皇。「平清盛」、けっこう好きなのにな。圧倒的に視聴率低いんだよね…。残念。でも、この本の内容とはかなりリンクしていて、いろいろと驚いてしまったことも。

  • 乙前って実在の人物なのか。
  • 「遊びをせんとや 生まれけむ」って今様が、何度も大河ドラマの中で出てくるのだけど、これも実際にあったのね。『梁塵秘抄』、読んでみたいな。読めるかな…。
  • 悪左府頼長(藤原頼長)の男色も、ちゃんと史実通りに入れたってことなのか。あそこの大河ドラマでの描写もすごかったよなあ。

僕は「平清盛」好きなので、低視聴率が本当に悲しいです…。おもしろいのに。成海璃子の演じる建春門院様の眉毛がなくてかわいくないし、時代に親しみもないし、というのが厳しいのかしらん。「結局自分たちだけでまとまっていたい、鎖国好きな日本人たちには、日宋貿易をやる平清盛など、ウケるはずがない!」説もありますが(笑)清盛の妻が、先妻(加藤あい)も後妻(深田恭子)も素敵すぎるな。
そして、かわいそうに平治の乱で討たれた源義朝さんは、最近はシャイな結婚願望のない花屋さんに転生されてますな。

後白河法皇 (講談社選書メチエ)

後白河法皇 (講談社選書メチエ)


梁塵秘抄 (光文社古典新訳文庫)

梁塵秘抄 (光文社古典新訳文庫)

広告を非表示にする