日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

横浜市のことを身近に感じた夜@馬車道タップルーム

夜、関内の馬車道タップルームで飲み会。いろんなビールが楽しめます。しかし、馬車道のあたりって、おしゃれなお店がたくさんね。楽しい。
f:id:tamekko:20130510191411j:plain

馬車道タップルーム

食べログ馬車道タップルーム


思わぬ所でつながっていることがわかった組み合わせ。小学校の同級生と、これからご一緒にぜひ仕事ができれば!という人と。
横浜市長の話がおもしろかったなあ。「愛情を感じられない」と。そうかあ、そういう視点はなかったなあ、と話を聴きながら思う。横浜市長選挙があるんだよなあ。若手に勝ってほしいなあ。中田宏 前市長が当選したときの得票の仕方の話も聞いた。全体で見るとあまり勝っていないのだけど、いくつかの区(港北区青葉区、だったかな?)で勝った貯金で投票した*1、と。そう考えると、今回だって港北ニュータウンの方や、みなとみらいの方など、若い人が多い地区で投票率を上げて、がっつり「10年後、20年後の横浜のために!」とポリシーを出してまとめれば、勝ち目ってあるのかなあ、とか思ったり。他には街作りの話とか。教育の話とか。いろんな話ができて刺激的でした。
横浜市政が今まで生きてきていちばん身近だった夜でした。やっぱり、「中の人」と「外の人」と「間の人」が集まるとおもしろいなあ。あ、僕は「外の人」ね。


またこの組み合わせで飲みたいな。不思議な縁で、小学校の同級生の初めて話を聴いたり、キャリアの原点を聴いたり。刺激的だ。僕も、もっともっとがんばらねば。

*1:調べてみたら、Wikipediaに書かれてた。「行政区別の得票数を見ると中田の出身地である青葉区で4万票近く差をつけたが、港北区金沢区栄区緑区都筑区以外の12区では高秀が中田の得票を上回っていた。」ということらしい。