日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

「空飛ぶ広報室」、最終回がよかった!

 「空飛ぶ広報室」が最終回。東日本大震災後の松島基地が主な舞台でした。空井さんの新しい上司にサンドウィッチマンの富澤さんが出ていたのがよかったなあ。実際にロケ中に被災をしているし、今でも被災地サポートしていますもんね。本当に、シリアスとコメディのバランスが良いドラマだったなあと。録画したの、もう何回か見直したいなあ、と思うもの。

 脚本を担当されている、野木亜希子さんのツイート。



 このメッセージは、とても強く伝わってきた、と思ってます。


 最終回は、途中で寝かしつけのために離脱したので、朝になって録画しておいて見たので、リアルタイムではないのだけどTLを検索しながら見ているとおもしろい。








 ぜひ、原作も読んで下さい。原作の最終章、『あの日の松島』は本当に素晴らしい。こういうエンターテインメントがどんどん増えればいいな。いいドラマだった。綾野剛ファンでも、ガッキーファンでも、それこそ自衛隊になんてたいして興味を持っていない人たちでも、そういう人に届かせるには、こうしてエンターテインメントの衣をまとわせればいいんだな、ととても思ったから。
 自衛隊について、何かを考えるきっかけを、ドラマをただ楽しんで見ていた人にプラスアルファとして届けられた作品だったんじゃないかな、と思うなあ。

空飛ぶ広報室 DVD-BOX

空飛ぶ広報室 DVD-BOX


空飛ぶ広報室 オリジナル・サウンドトラック

空飛ぶ広報室 オリジナル・サウンドトラック


空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

広告を非表示にする