日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

朝から読書の時間

 朝から図書館へ行こうと思っていたので、返却する本をまとめて処理。

 まずは、古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読了。めちゃくちゃおもしろかった。勉強になったなあ。文章講義っていうか、作文の技術って、学校ではほとんど教わっていない気がするしね。
 「作文、書いてみましょう」って言って、書かされて、書いた後でいろいろとコメントをされる、というのが嫌いだったなあ。こういうの実は大学でアカデミックライティングをやる以外はないような気がする。
 ライターの方が書いているだけあって、とってもわかりやすい、具体的でいいです。作文指導の授業アイデアとして使えそうです。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 前川光『子ども天文教室 星と宇宙』を読了。先日、保育園の帰り道に、「星は爆発するの?」という質問を長男S氏から受けて、「爆発するよ。太陽も爆発するよって言われてるね」と答えたら、詳しく知りたがったので、星の一生を説明できるような本を探していたのだけど、図鑑とかだと意外と星の一生は書かれていないので、近い記述があったこの本を借りてきたのだった。でも、説明をしようと該当箇所を読んでみたけど(もちろん、解説を交えながらね)、どうもピンとこなかったみたい。
 理由としては、やはり言葉だけの説明にはピンとこない、ということがひとつ。それと、興味を失っちゃったんだろうな。一週間も経ってるし。疑問が生まれたときに、すぐに答えるってことがいかに大切か、ということを痛感。いい機会だと思ったのに、活かせず残念無念。

星と宇宙 (子ども天文教室)

星と宇宙 (子ども天文教室)

広告を非表示にする