日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

『真田太平記』 紀州九度山に配流 時代

 池波正太郎真田太平記 (8) 紀州九度山を読了。関ヶ原の戦いで将軍秀忠の軍を上田でがっちり足止めし、関が原に間に合わないようにさせたのに、関ヶ原は西軍が敗戦…命だけは助けられて、紀州九度山に配流された真田昌幸真田幸村親子。
 だが、まだまだこれから、ですよ。不遇な時代を過ごしつつ、でも大坂城に東軍を迎え撃って、がっつり負かしてやろうと考えている真田昌幸はかっこいいな。

真田太平記 (八) 紀州九度山(新潮文庫)

真田太平記 (八) 紀州九度山(新潮文庫)

広告を非表示にする