日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

『真田太平記』、幸村討ち死に

 池波正太郎真田太平記 11 大坂夏の陣を読了。大坂夏の陣が終了。真田幸村、討ち死。だけど、かっこよかったなあ。なんか、読む前までは幸村が死んじゃったら真田太平記はそこまでな感じ?と思っていたけれど、徳川方についた分家というか今や本家の方も気になるようになってきた。
 あと、幸村の娘が、伊達家の重臣、片倉小十郎の家に嫁いでいる、というのも初めて知った。真田の武勇は大いに示し、それについて認める人は認めていた、ってことよね。家康もそうだし。関ヶ原のときに上田で足止めを喰らった秀忠だけが、それをずーっと許せなかったってことか。

真田太平記(十一)大坂夏の陣 (新潮文庫)

真田太平記(十一)大坂夏の陣 (新潮文庫)


 ちなみに、一昨年リタイアした大河ドラマ「江」では、このあたりどうなってたんだっけな。秀忠が向井理だったのは覚えているけれど、真田の一族は誰がやってたんだ…?浜田学が真田幸村かあ。幸村と昌幸しか出てないのかな?
 出演者一覧を見ていると、なかなか豪華。さすが大河ドラマ。しかし、前半早々に脱落したのだよなあ。もったいなかったかな…?

広告を非表示にする