日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

「ドキドキプリキュア」最終回と、スギテツの凄さ

 「ドキドキプリキュア」が最終回だったんだけどさ、なんだかとってもいいなあ、と。「まわりに誰かがいるから、そのおかげでジコチューになれる。自分一人だけじゃ成り立たない世界なんだ」というメッセージ。


 と、ラケルを演じていた寺崎裕香さんがTwitterで書いてました。いや、ちょいちょいとしかプリキュア見てなかったけど、最終回、よかったよ。
 寺崎さん、ラケルをやり、大好きなラジオドラマ「あ、安部礼司」の南総サトミ役をやり、そしてポケモンヤヤコマ役も…声優さんってすごいわ。

 プリキュア後の「題名のない音楽会」、スギテツの2人、すごいわあ。ヴァイオリンで救急車やったり、コンビニの入店のときの音をやったり。ミステリー風に美しく青きドナウをやって「ドナウ河さざなみ殺人事件」をやったりとか…。暴れん坊将軍とかまで。さらにヴァイオリンで人の声のモノマネとか。こういうクラシックの楽しみ方もあるのだなあ。もちろん、2人がきちんとしたテクニックを持っていてこそのもの。基礎というか型は大事で、そのうえでその型を崩す、という典型みたいだなあ、と思った。圧倒的なエンターテイメントであるからこそ、そこに興味を持ってくれる人を増やせる、ということだよなあ。

【LIVE】美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件/スギテツ - YouTube

広告を非表示にする