日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

『偉大なる、しゅららぼん』、おもしろかった!

 万城目学偉大なる、しゅららぼんを読了。めちゃおもしろかった。

 Evernoteで関連するノートが表示されて、2011年5月8日の日経新聞読書欄での万城目学さんのインタビューが出てきた。

目指したのは「学園青春小説の王道」だ。出会い、別れ、恋愛、戦い、友情といった要素をきっちり入れた。「変な設定であればあるほど、ストーリーがまっとうでないと読者はついてきてくれない」と考えたからだ。「(通常の小説と)X軸とY軸は同じでも、Z軸だけが異なるような作品を書きたい」と話す。

 うんうん、まさにそんな感じかもしれない。そもそも「それってどんな力なんだ!?」とめっちゃ不思議な設定なのに、十分におもしろい。万城目さんって不思議な作家さんです。『鹿男あをによし』も『プリンセス・トヨトミ』も『鴨川ホルモー』もそうだったものなあ。

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)


 今回もめっちゃ楽しかった。いやー、映画も見に行きたくなったわ。しかし、グレート清子が深田恭子ってのはちょっと、どうよ…って気がしちゃうけど(笑)自分の中では、『銀の匙』のたまこに勝手に変換して読んじゃってました。


『偉大なる、しゅららぼん』予告編 - YouTube

広告を非表示にする