日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

小学校でのゲスト講師をしてきました

 小学校でのゲスト講師を3コマさせてもらいました。6年生の卒業研究のサポート。4時間目から6時間目だったので、昼休みを挟むので、給食を教室で児童たちと食べれたのが新鮮だった。ビデオでメッセージを送っていたので、授業前からすでに「あ、挑戦状の先生だ!」と言われる始末。いや、そんなに挑戦的に話してないから(笑)そして、コメントを言うと、「思っていたよりも意地悪じゃない」と、嬉しいんだか嬉しくないんだか、なコメントももらう(笑)まあ、あと半年、よろしくね!ちょっとがっつり取り組もう、と思ったよ。

 で、次のアポまでの時間がないっ!学校から駅までダッシュ。ギリギリで飛び乗る。アポの時間7分前に駅に着きます…だめじゃん…。うおお、疲れた。そしてその後、2時間半にわたる長いミーティングに突入。ふええ、疲れた…。

 で、ちょっと時間ができてじっくり考えた。それは小学校でちょっと見かけた風景。うーん、学校、大変だなあ、と思わせてくれるような風景だったのだけど。まあ理由は、一見さんな僕はわからないので、そこに対する評価はしないでおく。でも、どんな事情があっても、先生があまり笑顔を教室で見せない、っていうのは、よくないよなあ、と思うのです。先生が教室で笑顔でないと、学びも学校も楽しくないと思うから。
 もちろん、学年の体制とか学校の文化とか、大事にしていることとか、いろいろとあると思うよ。だから、そう簡単じゃないのもわかっているつもりで。で、そのうえで、僕は、僕の仕事を通じて、何が手伝えるか、考えよう。まずは、笑顔でいろいろと子どもたちにパスを返せるように、手伝えるといいな、と思います。次のミーティングでは、先生にまずは笑ってもらおう。がんばろう。

広告を非表示にする