読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

グラバー父子を軸に、幕末から昭和までの歴史を読める

 山口由美『長崎グラバー邸 父子二代』を読了。観光地として有名なグラバー邸。グラバーが幕末から維新にかけて死の商人として暗躍、くらいまではしっていたけれど、息子の倉場富三郎は、原爆投下後の長崎で自殺していた、というのはまったく知らず。幕末から昭和までと父子2人の人生と、両方を追いかけられるのでおもしろい。
 グラバー邸、一度軍隊に接収されているのですね…。軍艦建造のドックが見える高台にある、とかで。表には出てこないけれども、いろいろなことがあるのですな。こういう裏側の歴史とか読める本、最近好きだわ。こうしたものが積み重なって、歴史はできているのです。おすすめ。

長崎グラバー邸 父子二代 (集英社新書)

長崎グラバー邸 父子二代 (集英社新書)

広告を非表示にする