日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

『闘うための哲学書』を読んだ

 小川仁志×萱野稔人『闘うための哲学書』を読了。著者の2人が、実際に闘う哲学者なのがいいと思う。前に「ニッポンのジレンマ」で、やりあっているのを見ていたので、この2人が徹底討論的な何かをするのかな、と思って。本を読んでいくなかでも、2人はときどき意見が食い違う。「理想」と「現実」。「理想を信じる」のと、「できないだろうからそれを前提に考える」のと。どちらも大事なんですけれどもね。

広告を非表示にする