日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

村上龍『オールド・テロリスト』がおもしろかった!

 村上龍『オールド・テロリスト』を読了。ものすごくおもしろかった。分厚くて、読み応えもあるのだけど、最初に思っているのと全然違う方向にストーリーも行くし、読み手としての視点もどんどんずれていく感じがいい。最初は単純に、テロリストたちとの対決ものだと思っていたのだけど、どんどんテロリスト側の方に惹きつけられていく。自分の視点が「あれ?」って感じに変わっていくのがいい。
 しかし、テロリズムって本当に怖いな。あとは、もっと大きな意思決定とかが本当に怖い。なんか、いろいろと考えさせられます。村上龍のこういう作品が好きだ。

オールド・テロリスト

オールド・テロリスト

 この作品、『希望の国エクソダス』の続編になっています。ああ、懐かしい。全国の不登校児がつながって、独立国を作るような、そんな話だったと記憶しています。

希望の国のエクソダス (文春文庫)

希望の国のエクソダス (文春文庫)

『希望の国のエクソダス』取材ノート

『希望の国のエクソダス』取材ノート

 過去の日記を検索したら、ああ、読んでいた。もう15年も前になるのですね…。ストーリーの内容などはちっとも書いていないなあ(笑)
tamekko.hatenablog.jp
tamekko.hatenablog.jp

広告を非表示にする