日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

関西で日光のことを読む。天海はまじすげー。

 ということで、金曜日の夜に奈良に入って、奈良で2泊、京都で1泊の、関西出張は終了。
 この関西出張中に、高田崇史QED 東照宮の怨』を読了。いやー、読んだのは何回目かなので、犯人とかは覚えているし、動機とかも何となく覚えているのだけど、QEDシリーズを楽しめるか楽しめないかは、そこにはポイントはないと思っています。どちらかというと、1回読んだくらいでは詳細を覚えきらない、歴史的なうんちく(←褒めてます)を楽しむことが目的なのです。この「東照宮の怨」では、ひたすらに「天海、マジすげーな!」ってことなのでした。これを読んで、日光に行ってみたい。

広告を非表示にする