読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

息子の成長を感じた一日

 小学校に用事があって、長いこといたら帰りが遅れてしまった。家に電話をかけたら、一人帰りで17時に帰ってきていた長男S氏につながる。「ごめん、まだ帰れないから、ご飯を炊いておいて」とお願いする。17時30分頃、用事が終わったので、小学校を出かけに電話してみる。
 「どう?」「炊飯器の蓋が閉まらなかったよ。でも、なんとかした!」と言うので、「ん?」と思い、「無理やり閉めたってこと?」と訊くと、「うん」と言われる。まあ、爆発することとかはないだろうと思ったけど、大丈夫かと不安だったので、そこで一度、スイッチを切ってもらうことにした。
 家に帰ったら、きちんと炊飯器のなかで、米が炊けていた。キッチンが大惨事になっているわけでもない。まあ、米はちょっと芯が残っていたので、後日雑炊にすることにした。
 家に帰ると、置き手紙があった(結局、僕の帰宅よりも、彼の帰宅が早かったので、置き手紙としては機能しなかったわけだけどね・笑)。しかし、こういうのを任せられるようになったなあ、としみじみ感じる。成長がうれしいなあ。

広告を非表示にする