日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

おひさしぶりの再会

f:id:tamekko:20091107030404j:image:right
ランチでキャンディ嬢とひさしぶりに再会。青山一丁目のCAFE 246で待ち合わせ。三十路にありえない理由で遅刻をされる彼女(笑)先にお店に入っていて、座れていたので待つのは全然いいんだけど。途中からランチタイムにばっちり突入し、どんどん混んでくる店内。すべてのテーブルが埋まり、外で人が待ち始めたときに、一人でテーブルを占拠している僕は、なかなか居心地が悪いものがありました(笑)
CAFE 246は、広々としていてシンプルな作り。隣には本屋も併設されていたので、本屋ものぞいてみたいな。客層としてはほとんどがビジネスマン&OLさん。いろいろお店に来ると、「ここは長男S氏も含めて3人で来られるだろうか?」とつい考えてしまう。ちょっと3人で来るのは難しいかなぁ。週末に、こどもの城に行くついでとかで立ち寄れたらいいかな、と思ったのだけど。週末は少し客層が違う、とかももしかしたらあるかもしれないけどね。青山や表参道は、出てくるのは一苦労だけど、くれよんはうすに行ったり、こどもの城で遊んだり、ちょっと両親リラックスしたり、というのには意外といい場所かもしれないなー。
待っている間は、11月20日のS社サロンでの講演プランを考える。最初こそ悶々と考えていたわけだけど、何となく流れとしてはスムーズな物ができた。満足。オフィスに戻ってからデジタル化して、ぶっちーに送信。
f:id:tamekko:20091107030439j:image:right
キャンディ嬢とは、彼女の結婚式以来、ということになる。うわぁ、ひさしぶりだ。2年ぶりなんだ!そして、中学校のときの同級生なわけだから、出会ったときに13歳。つきあいは20年以上か…。おそろしいな。光陰矢のごとし。
そもそも、中学3年間が同じクラスではあったけど、高校からは別々の学校なわけだし、本当に年に1回とか2回くらいしか会わないまま、ずーっと来ているのよね。ときどきしか会わないから、けっこう話す内容は近況報告的なところが多かったりする。前の時と状況全然違ったりして「え?なんでそんなことになってんの!?」みたいなことも多いんだけどね。
ここ数年は、mixiやらブログやらで、そうした旧友の近況とかを知ったりもできるので、近況の聞き方が「そういえば、〜〜なんだって?」とかから始まったり、相手の話を聞いて「ああ、書いてあったね!」とか応えたり、というのが増えてきました。いい時代だな、と思っています。

広告を非表示にする