日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

今週読んだ本

小川隆夫『はじめてのブルーノートを読了。イメージとしてはシャレオツ単語ランキング上位に入っている「ブルーノート」。どんなものかまったく知らなかったので、本で読んでみた。創業者のアルフレッド・ライオンさんが、とにかくジャズ・プレイヤーたちのやりたい環境を作る、という動きがすごかったのだな。こういう一人の熱意が業界を作り、トレンドを作り、ということだったのか。ブルーノートのJazz、いろいろ聴いてみたいな。ビバップ周辺で何かいいのを探したいところ。


今谷明『近江から日本史を読み直す』を読了。古くは大津京があったりとかして、壬申の乱とかそういうのから、近世では安土城・坂本城・長浜城などが築城されて、関ヶ原の戦いがあって、近代に入ると大津事件とかがあって、もう近江というエリアに絞って日本史を読む、ってのは予想以上におもしろいね。
近江から日本史を読み直す (講談社現代新書)

近江から日本史を読み直す (講談社現代新書)


東野圭吾『赤い指』を読了。いや、厳しかったなあ。途中から、「うわー」「いや、それは…」みたいな感じにずんずんなっていきました。ラストも、ええ!というどんでん返しは楽しめるけど、後味としては決して良くないか…。ずーっと「なんで?」と思ってた、加賀恭一郎の親子関係の謎が種明かしされて、それは良かったけどさ。でも、そんなふうに思っちゃったけど、加賀恭一郎シリーズをもっと読んでみたいな、と思っちゃうのは、やはり東野圭吾がうまいってことでしょう!
赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫)

広告を非表示にする