日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

苦労と…努力が…イコールになっちゃうといけない

山田玲司絶望に効く薬 (11)』を読了。作者の山田さんが好きな人を訪ね歩く対談マンガの11冊目。シリーズが進むにつれて、だんだん「エコ」が鼻につく感じがなくなってきた。好きなマンガです。今回の対談相手は、オリバー・ストーン三池崇史、古居みずえ、登川誠仁ケラリーノ・サンドロヴィッチ、吉田惠美子、林辰雄、手塚眞団鬼六。ぶっちゃけ、団鬼六はエロ小説家くらいにしか思っていなかったが、かっこいいな。
手塚眞さん(手塚治虫の息子さんね)もかっこいいです。手塚さんからのメッセージのところで、

苦労と…努力が…イコールになっちゃうといけない

というのがあるのだけど。あー、なるほど、と思ったり。いちばんの違いは「やらされてる」か「やってる」か。苦労しているのは努力をしていることにはならないのだよね。

絶望に効くクスリ―ONE ON ONE (Vol.11) (YOUNG SUNDAY COMICS SPECIAL)

絶望に効くクスリ―ONE ON ONE (Vol.11) (YOUNG SUNDAY COMICS SPECIAL)

広告を非表示にする