日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

『鉄道王たちの近現代史』がおもしろかった

 有楽町で用事があって、東京駅へ。東京駅は本当にきれいになったなあ、と。綺麗でとても好き。
f:id:tamekko:20150716150040j:plain
f:id:tamekko:20150716150044j:plain

 鉄道といえば、小川裕夫『鉄道王たちの近現代史』をちょっと前に読了。おもしろかったのは、東京メトロ銀座線の三越前駅は、トンネル掘る時に三越がスポンサーになっていたんだって。駅のネーミングライツの走りだね…。あと、近鉄で生駒トンネルを掘るときの関係から、宝山寺の賽銭を借り受けたとか、そんな話などもあり。こういうのを知ったうえで、近鉄奈良線、乗りたいわあ(当時は大阪電気軌道(大軌)という社名)。
宝山寺 - Wikipedia

 その他にも、やっぱり外せない小林一三の話もおもしろかったし。五島慶太が率いた大東急の話もおもしろかったし、京王井の頭線は京王の他の路線と違っていて独立しているのは、もともと小田急線系列だったからだ、とか。鉄道が国家の発展に大きな力を持っていた時代。この辺りの話は本当におもしろい。

鉄道王たちの近現代史 (イースト新書)

鉄道王たちの近現代史 (イースト新書)

広告を非表示にする