日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

広島家族旅行 Day1

 今日から家族で広島旅行。広島、大学生の頃に行って以来だ。楽しみ。そういえば、Perfumeが表紙の広島観光ガイドがあったな、と思って探してみた。だいぶ前にもらって、読まないままだった「泣ける!広島県」を持ってきた。行きの新幹線の中で読んでいく。広島愛がこもっていて、とてもいいです。
f:id:tamekko:20150808055502j:plain

呉:大和ミュージアム

 朝いちばんの新幹線で横浜を出たので、昼前に広島に到着。ホテルにチェックインして、荷物を預けて、そのまま呉へ。広島、暑い!呉までのローカル線もなかなかよかったなあ。
 まずは大和ミュージアムへと思って歩いて行くのだけど、歩いているうちに巨大な潜水艦が陸地に…。おお、あれも行ってみたい、と思いながら、まずは大和ミュージアムへ行く。yamato-museum.com
f:id:tamekko:20150808114801j:plain

 お盆休みなこともあり、親子連れも多かった。正式には、「呉市海事歴史科学館」というのですね(ブログを書いている今、知った…)。ということで、軍港都市であった呉の歴史を知ることができます。
f:id:tamekko:20150808114806j:plain

 中に入ると、巨大な戦艦大和の模型。これはなんていうか、すごい。
f:id:tamekko:20150808115617j:plain
f:id:tamekko:20150808123249j:plain
 上からも見ることができます。巨大だ…。これだけの巨艦を建造する技術力はすごかったということですね。日露戦争の頃とかは、海外に戦艦建造は外注していたわけだし。
f:id:tamekko:20150808124424j:plain
 戦後、軍港都市・呉にあった技術は当然、民間部門に移転していき、さまざまな技術を産んでいくわけです。そうした展示もあったことはとてもよかったです。親子で楽しめるように展示が工夫されています。
f:id:tamekko:20150808123846j:plain

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)


呉:海自カレー

 呉の街全体で、海自カレーのフェアをやっていて、スタンプラリー形式になっています。いや、まあそんなにたくさんは食べられませんけどね。
f:id:tamekko:20150808130915j:plain
 Seaside Cafe BEACONで腹ごしらえ。士官の海軍カレー。美味しい。 
f:id:tamekko:20150808134305j:plain

呉:海上自衛隊呉史料館

 お昼を食べたら、その後で海上自衛隊呉史料館 / てつのくじら館へ。さっきの大きな潜水艦ですが、史料館の一部になっていて、中に入ることもできました。うーん、すごい。近くで見るとめちゃくちゃ大きいです。
f:id:tamekko:20150808141333j:plain
 もうちょっと遠くから。
f:id:tamekko:20150808143930j:plain

 潜水艦の中に入ってみた。計器がたくさん。狭い…。
f:id:tamekko:20150808143149j:plain
f:id:tamekko:20150808143203j:plain
 潜水艦を見ると、有川浩の海自物の作品を思い出します。なんとなく、ストーリーを思い出しながら歩いてきた。

海の底 (角川文庫)

海の底 (角川文庫)

クジラの彼 (角川文庫)

クジラの彼 (角川文庫)

呉:フェリーで海から

 フェリーで遊覧できるということなので、乗ってみました。呉は、今でも海上自衛隊の港であり、さまざまな船が基地としています。ガイドの人がたくさん船の名前を言ってくれましたが、どれがどれだか…(笑)お客さんの中には、ちゃんと把握している人がもちろんいました。
 掃海艇や護衛艦など、さまざまな船があるのです。想定していたより(というか、大きさなど想定したことないけど)、ずっと大きい。訓練中の人たちがいたり、手を振ってくれる人もいたり。
f:id:tamekko:20150808145529j:plain
f:id:tamekko:20150808145545j:plain
f:id:tamekko:20150808145716j:plain
f:id:tamekko:20150808150050j:plain
f:id:tamekko:20150808150123j:plain

 潜水艦も。『沈黙の艦隊』を思い出さずにいられず、Silent Service from Sea、だったっけな…。とか考えながら見ていました。
f:id:tamekko:20150808145950j:plain

 大きなドックや工場などが並んでいます。大きな建物とか建造物が好きなので、なんというかとても良い感じです。ワクワクします。
f:id:tamekko:20150808150828j:plain
f:id:tamekko:20150808153648j:plain


 平清盛由来の、音戸の瀬戸。船の銀座と呼ばれているのだって。たしかに、ものすごい数の船が行き来します。手前でカメラを構えているのは長男S氏。今回、自分のトイカメラを持ってきていたので、たくさん写真を撮っていました。でも、画素数がすごい小さいので、僕らが使わなくなったデジカメを譲ろうと思います。事前に用意して持ってきてあげればよかったな…。
f:id:tamekko:20150808151543j:plain
f:id:tamekko:20150808151952j:plain

広島:路面電車に乗って繁華街へ

 呉から帰ってきて、ホテルに一度戻り、その後で繁華街の方へ行ってみる。サッカーボールを蹴りたい長男S氏は、サッカーボールを持参して、広島駅前から、広島の路面電車に乗る。
f:id:tamekko:20150808183712j:plain
f:id:tamekko:20150808183839j:plain
 新しい車体のものもあります。
f:id:tamekko:20150808183849j:plain
 レトロ調な電車もあります。このへん、江ノ電に似ているなあ。でも、江ノ電と違って、宮島口まで行っている路線もあるので、すごいわ。
f:id:tamekko:20150808184009j:plain

 路線を間違えていて、降りる場所をお客さんに教えてもらうハプニングありつつ、無事に目的地付近に到着。ぶらぶらと雑貨屋さんを見たり、サッカーの練習をしたり(笑)。
 たまたま通りかかった、被曝後の8月8日に支払い業務を始めたという、旧日本銀行 広島支店。こうした歴史的建造物もいろいろあるのですね。
f:id:tamekko:20150808190902j:plain

 しかし、広島、都会だなあ。75年たっても草一本はえない、と言われたらしい、この街が、こんなに大都会になっているということが本当にすごいと思います。
 20年前に、原爆ドームを見に日帰りできた時とは、全然感じ方が違うなあ。家族で来てる、というのもあるだろうなあ。あ、そういえば、長男S氏が、ジャンプショップへ行きました。で、ワンピースグッズを買ってもらってた(笑)ここじゃなくてもいいじゃん!ともちろん思うけれど、子どもはそんなの関係ないからねえ(笑)

広島:そぞでお好み焼き

 夕食は駅前で食べることに。たまたま入ったところだったけど、「そぞ」、美味しかった!あと、ここで長男S氏は、焼き牡蠣がお気に召したらしく、この後の旅行でもやたら食べたがるように。あまり高い食材の味ばかり覚えませんように…(笑)
f:id:tamekko:20150808205138j:plain
tabelog.com

広告を非表示にする