日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

Leave for Japan

AM5:30にチェックアウト。Chrisと共に空港へ。無事に帰国便にチェックイン。EUを出るときにしか出国手続きがないので、リスボン空港ではパスポートコントロールを通らない。これがけっこう慣れないもので、ドキドキします。フランクフルトまで3時間のフライト。
f:id:tamekko:20110619082238j:image f:id:tamekko:20110619082246j:image
窓際の席だったので、ときどき下を見ていたのですが、イベリア半島の付け根のところって、ピレネー山脈やら何やらがあって、すごい山がちなのですね。子どもの頃から地図帳をペラペラ見るのは好きだったけど、このあたりの地形を空から見ることがあるなんて、そうぞうしなかったなあ。
f:id:tamekko:20110619085406j:image f:id:tamekko:20110619085415j:image
フランクフルトから成田までは、エアバスA380で快適に10時間15分のフライト。遠いっすね…。機内では、ひたすらに仕事。せっせと現行を書き、教材データのコメントを書き、成田空港に到着したらさっさとメールできるように準備しておく。
機内では映画を2本。ジェニファー・アニストン主演の「Just Go With It」。もう、「This is ジェニファー・アニストン」って感じ。ベタな展開だけど、こういうの好き。しかし、もう彼女は「フレンズ」のレイチェルにしか見えないんだよなあ。当たり役があるってのはそれはそれで不幸だな、と思ったりもする。
もう1本、ナタリー・ポートマン主演の「抱きたいカンケイ」。原題は「No Strings Attached」。なんだかなあ、というこれも話ではありますが…付き合い始めの時の彼の浮かれっぷりが、「ああ、男子ってそういうところあるよね…」的に甘酸っぱいっす。最後の方の決断とかもよかった。ナタリー・ポートマン、かわいいなあ。彼女も、「レオン」が当たり役過ぎて、その後きっと不自由だったろうなと思うけど、今はどうなのかな。

抱きたいカンケイ スペシャル・エディション  [DVD]

抱きたいカンケイ スペシャル・エディション [DVD]


そこそこに寝て、無事に成田空港着。この時期に帰国するといつも思う。日本は蒸し暑い…。帰宅してさっさと仕事。

広告を非表示にする