日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

『真田太平記』、関ヶ原までもう少し

 池波正太郎真田太平記 6 家康東下』を読了。『真田太平記』での石田三成の描かれ方は、なんだか小役人な感じだ。まあ、こっちが一般的か…大河ドラマ「天地人」では石田三成は小栗旬、直江兼続が主役で妻夫木聡だったわけで、三成もそれなりの描かれ方だったのだけど、まあここで描かれている島津への接し方とか、宇喜多秀家の夜襲案への対応とか、たしかにイマイチだなあ。これで島津も宇喜多も西軍の戦力にはならないわけで(あ、島津はそんなことないか)まあ、しかたないかな、と。人を動かせる才能って、あるよねえ。島津豊久は、もうドリフターズの印象が強くてw
 さて、ここまでで関ヶ原前夜。真田家は、東軍と西軍に親兄弟で分かれることに。次から関ヶ原かな?

真田太平記(六)家康東下 (新潮文庫)

真田太平記(六)家康東下 (新潮文庫)

ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

広告を非表示にする