読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、想う。んで、記す。

プライドを持たない、節操を持たない、愛着を持たない、弱音を吐かない。

古河市 上大野にある神社

 寒い寒い日に、茨城県古河市へ仕事で行きました。薄っすらと雪が積もるなか、バス停を探す途中で見つけた碑。「未来を拓く豊穣の大地」と書かれています。見渡す限りの畑、かな?(雪でよく見えません…)
f:id:tamekko:20170219123229j:plain:w400

 さらに歩いて行くと、上大野宮前というバス停の前に、小さな神社が。雪がうっすらと積もっているなか、すごい寂しい感じではありましたが、バスが来るまでに15分くらいあったので、ちょっと鳥居をくぐっていってみました。
f:id:tamekko:20170219123335j:plain:w400

 こうした小さな神社とかが、地元の人たちの信仰を集めて、ずっと続いているのだろうなあ、と思う。バス停の名前は上大野宮前だけれども、神社の名前は何なのかな…?Googleマップで見る限りは、三社神社…かな?という感じw
f:id:tamekko:20170219123303j:plain:w400

 古河市は、駅の東西で全然雰囲気が違うなあ、と思います。古河公方がいた土地ですしね、街並みもいい感じに残っている地区もありますし、のんびり歩きたいなあ、と思う街です。仕事で行くことが多い街なので、あんまりいつも時間がないのですが、今回はこうしてバスの待ち時間に神社に立ち寄れてよかったな、と。

広告を非表示にする